国立病院機構 京都医療センターに所属する新井健太氏が、万引きの容疑にて逮捕されました。

 

研修医ながらも医師ということで、大きな関心が持たれています。卒業大学などは明らかにされていませんが、果たしてどうなっているのでしょうか。

研修医・新井健太の容疑について

 

今回窃盗の疑いで逮捕されたのは、研修医となる新井健太氏になります。

 

2017年3月12日、17:40分頃、京都市中京区のYTV書店にて、医学書1冊(2160円)を盗んだというもの。

 

ちなみに、店内では、同様に医学書を3冊入れたものの、女性店員からの指摘で、2冊を戻したものの、その後1冊をカバンにしまったた、店を後にしたことから、男性保安員に身柄を確保されるに至ります。

 

万引きをした理由ですが、「医療関係の書籍は値段が高く、出費を削るために万引した」、「以前にも同じ書店で万引したが、ばれなかった」との供述がなされている模様です。

 

ところで医者は高収入とされていますが、研修医はそこまで高い給料を貰っているわけではないということがあるようです。

 

それでも2160円くらいで、逮捕されるというのは割に合わないでしょう。

 

将来、平穏に医者になれたでしょうし、非常に悔やまれます。

新井健太の出身、卒業大学はどこ?

 

一般的に医学部は国立が基本になりますので、京都の国立大学が卒業大学と考えられます。

 

京都と言えば、東京大学に並ぶ京都大学がある場所で、可能性としてはそちらが高いと思われます。

 

もし仮にそうだとすれば、せっかくの成功を台無しにするような真似はいただけないでしょう。

 

金額的には大きな額ではないので、刑罰は軽いでしょうが、医者としてはかなり前途多難になることは間違いないです。